CRM・CTI、営業支援システム,コールセンター、経費削減はエバーバンクへ

テレアポノウハウ

  • HOME »
  • テレアポノウハウ

外回りから電話営業へ

時代と共に、営業方法が変わって来ました。
例えば、数年前まで主流だった、足で稼ぐ営業。外回り、飛び込み営業も難しくなってきました。
そこで、サブ的に扱われてきた電話営業が主流となってきたのです。
その方法はタウンページを上から順に手当たり次第かけていく。
ひたすらに掛けていき、いらないと言われたところはスルーして次のリストへ。
アポイントになったお客様だけを別用紙に書き写し、提出。そんな流れだと思います。

単純に電話営業を初めてみる

比較的電話営業は始めやすい業種だと思います。電話機があれば出来ますよね。
営業をやるからには効率よく成績を上げたいですよね。
今までの上記で書いたような電話営業でも、もちろん成績を上げることは可能です。
今までの方法では、タウンワークを見て、一件一件手で掛けていきます。
おなじタウンページを使うのですから、複数いるアポインターさんとの重複や、
見込み客の精査が曖昧、前回の内容がどんなものだったのか分からない。
テレアポをやった事をある方ならあると思うのですが、こちらは一日に数百件と電話します。
誰にいつ掛けたか?なんて覚えていないのですが、電話相手は意外と覚えていたりして、
「以前も断りましたよね」なんてことを言われたり。ひどければそこからクレームへ発展。
また、クレームの管理もできてないですから、クレーム客から再度のクレーム・・・。
クレームの対応程時間が勿体ないことはありません。アポインターさんのモチベーションも
かなり下がってしまいますし、いいことなんてありません。

これからの電話営業に大切なもの

では、効率のよい電話営業ってどういうものなのか?
また、これからの電話営業に大切なものとは何なのでしょうか。
コール数、架電効率、在宅率、そしてリスト。
どんなに上手いトークスキルでクライアントの心を掴んだとしても、リストの記録方法や活用方法によっては
次に繋げることができず、努力が水の泡となってしまうこともあります。
まずは、コールをする為のリストの作成。そして、コール数を上げる。在宅率も上げる。
そして、架電2回目以降の運用。
Ever Bankには、その全てを補うシステムがそろっています。

TEL 06-7166-1194 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 株式会社エバーバンク All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.