初期費用/違約金 0円
導入日数最短
SMS連動型

お客様への電話を自動化するだけで大幅コストカットお客様への電話を自動化するだけで大幅コストカット

規模や業種を問わず、
初めて導入する会社様でも
安心して導入できるよう万全のサポート
体制を準備しています。

tel.03-6387-6069
無料ダウンロード
お問い合わせ
業界最安値 低コストでの導入・実施が可能です業界最安値 低コストでの導入・実施が可能です

業界最安値 低コストでの導入・実施が可能です業界最安値 低コストでの導入・実施が可能です

初期費用・違約金 0円初期費用・違約金 0円

ご加入時の初期費用はもちろん、
解約時の違約金も一切かかりません。
サービス導入に伴うサポートも行っておりますので、
最初の設定が不安な企業様も安心してご活用いただけます。

お急ぎでもご安心ください 業界最速のスピード対応お急ぎでもご安心ください 業界最速のスピード対応

お急ぎでもご安心ください 業界最速のスピード対応お急ぎでもご安心ください 業界最速のスピード対応

導入最短日数 2日導入最短日数 2日

Ever Automationなら最短2日で大規模コールセンター
並みの架電数を実現することが可能です。
「すぐに導入したい」とお急ぎの企業様、
まずはお問い合わせください。

SMS(ショートメッセージサービス)連携でお客様からの返答率がUPSMS(ショートメッセージサービス)連携でお客様からの返答率がUP

SMS(ショートメッセージサービス)連携でお客様からの返答率がUPSMS(ショートメッセージサービス)連携でお客様からの返答率がUP

SMS連携サービスSMS連携サービス

SMS送信とオートコールシステムを組み合わせることで、
お客様からの返答率が大幅UP。
コストや業務負担を軽減し、
多くのコールセンターに関する課題を解決いたします。

こんなお悩みありませんか?

  • 通話料が30万円以上かかっている
  • 短時間に大量の架電が難しい
  • オペレーターの離職率が高い
  • 人手が足りていない
  • 体制作りやオペレーターなどの管理に手間がかかる
  • オペレーターのスキルに差がある
  • 繁忙期などによって必要な人員に波がある
矢印矢印
Ever Automationなら解決することができます

Ever Automationなら
解決することができます

膨大な人件費をカット・低コストで導入・実施可能、自動コールシステムで電話効率UP・最大10,000件 / 時の架電が可能、プロのナレーター音声で均質な架電を実現膨大な人件費をカット・低コストで導入・実施可能、自動コールシステムで電話効率UP・最大10,000件 / 時の架電が可能、プロのナレーター音声で均質な架電を実現

POINT
シンプルで使いやすい!!
現場の声から生まれたオートコールシステムの特徴

大幅なコスト削減

大幅なコスト削減

システムによる架電の為、人を雇うよりも大幅に安価なコストで架電が可能です。

短時間で架電業務を実施可能

短時間で架電業務を
実施可能

人的リソースに頼らないため、10,000件/時間の発信がができます。また、チャネル数に応じて集中的な架電が可能です。

発信元電話番号の選択が可能

発信元電話番号の
選択が可能

03、045、0120、0800など、場面に合わせて多様な番号から架電が可能です。

地域・時間設定により対象者に効率よく架電

地域・時間設定により
対象者に効率よく架電

システムであらかじめ設定した連絡対象や抽出したいサンプルに併せて架電タイミングを調整することができます。

その他にも便利な特徴が
たくさんあります

他サービスとの連携可能

他サービスとの
連携可能

転送対応で取りこぼしを防止

転送対応で
取りこぼしを防止

繋がらなかった電話番号に自動で追客が可能

繋がらなかった
電話番号に自動で
追客が可能

圧倒的な媒体数の多さ

圧倒的な
媒体数の多さ

リスト収集も可能

リスト収集も可能

欠番判定可能

欠番判定可能

他社と徹底比較
様々な場面で活用できる
便利な機能を取り備えております

他社と徹底比較様々な場面で活用できる便利な機能を取り備えております他社と徹底比較様々な場面で活用できる便利な機能を取り備えております

お客様への電話を自動化するだけで大幅コストカットお客様への電話を自動化するだけで大幅コストカット

規模や業種を問わず、
初めて導入する会社様でも
安心して導入できるよう万全のサポート
体制を準備しています。

tel.03-6387-6069
無料ダウンロード
お問い合わせ

Ever Automation
ご利用場面

催促・督促催促・督促

支払遅延、延滞金発生などのお客様に対し、督促を促す業務を全てオートメーション化します。大幅な運用改善とコスト削減が見込め、大きな問題解決に結びつきます。

マーケティング・調査マーケティング・調査

市場調査にはオートコールシステムが最適です。
大量発信で得た顧客情報やマーケットニーズがそのまま企業の財産となり、有効に活用できるでしょう。

リマインド・確認リマインド・確認

顧客へのリマインドコールをオートメーション化することで、あらゆる生産性を上げることが可能です。

コンディション管理コンディション管理

顧客の不満や要望、状況を事業者側からヒアリングしていくことなどが可能です。

例えば…例えば…
政治関係政治関係
支援依頼コール・情勢調査・アンケート調査支援依頼コール・情勢調査・アンケート調査

○○地区を中心に政治に関するアンケートを行っております。
ご協力いただける方は①を押してください。
次の中から支持している候補者を選んでください。
①は・・・②は・・・

金融関係金融関係
督促連絡・DM開封確認・書類返送依頼督促連絡・DM開封確認・書類返送依頼

いつもお世話になっております。○○銀行です。
この度○○に関するご案内物をお送りさせていただき、
到着確認のご連絡を差し上げました。
ご確認済みの方は①を・・・

その他その他
リマインド・満足度調査・新サービス案内リマインド・満足度調査・新サービス案内

いつも○○をご利用いただきありがとうございます。
本日は、只今に関する○○お客様の
満足度調査を実施しており、
ご協力いただけるお客様は①を・・・

武蔵コミュニティー株式会社 二宮様・高橋様武蔵コミュニティー株式会社 二宮様・高橋様
CASE STUDY

Ever Automation
導入事例

武蔵コミュニティー株式会社
二宮様・高橋様

電話対応に携わるスタッフの数が、
1/2になりました。

詳しく見る

お客様への電話を自動化するだけで大幅コストカットお客様への電話を自動化するだけで大幅コストカット

規模や業種を問わず、
初めて導入する会社様でも
安心して導入できるよう万全のサポート
体制を準備しています。

tel.03-6387-6069
無料ダウンロード
お問い合わせ

手順は簡単導入までの4つのステップ手順は簡単導入までの4つのステップ

導入までの4つのステップ導入までの4つのステップ

Q&A
よくある質問

エバーオートメーションを
検討されている方から、

よくお問い合せがある質問の例です。

Q対象が留守番電話だった場合、録音制限時間まで通話料が発生しますか?

Aいいえ。架電対象から通話中に【20秒間】アクションがなければ自動的に切断する仕様になっておりますので、通話料金は最大20秒分です。

Q架電に不在で、
後日発信元の電話番号に折り返し電話をした場合はどうなりますか?

A①架電時と同様のスクリプトを流す
②発信専用に設定
③転送先を指定して転送
3通り対応ができますが、③は転送先が時間外の可能性がありますので①②を推奨します。

Q本人認証機能はどのような情報で認証しますか?

A貴社が顧客データ上に保持している、対象者本人が紐づく情報(ボタン押下による認証のため、数字のみ)を
リストのフォーマットにアップロードし、お客様が同じ数字を押下することで本人であることを認証します。

お問い合わせ
CONTACT

お客様への電話を自動化するだけで大幅コストカットお客様への電話を自動化するだけで大幅コストカット

規模や業種を問わず、
初めて導入する会社様でも
安心して導入できるよう万全のサポート
体制を準備しています。

tel.03-6387-6069
無料ダウンロード

EverAutomationに興味をお持ちいただき誠にありがとうございます。
EverAutomationのサービスについて、
気になる点・ご不明点等ございましたらお気軽にお問い合わせください。
弊社の担当者よりご連絡させていただきます。

お問い合わせ項目
会社名必須
担当者名必須
部署名
役職
メールアドレス必須
電話番号必須
お問い合せ内容必須
弊社を知ったきっかけ
(複数回答可)


個人情報の取扱いについて

1.当社が取り扱う個人情報の利用目的

  1. ご本人から直接書面によって取得する個人情報(ホームページや電子メール等によるものを含む)の利用目的取得に先立ち、ご本人に対し書面により明示します。
  2. 前項以外の方法によって取得する個人情報の利用目的

※横スクロールで全体を表示します。

分類 利用目的
お客様情報
(ユーザー様等)
当社サービスのご案内のため、ご利用履歴管理のため、お問い合せ対応のため
採用媒体等から取得する応募者情報 採用選考のため
通話録音 顧客との会話内容を正確に保管するため
電話番号情報等
(氏名・住所・電話番号)
商品紹介のための架電及び第三者への提供
お客様情報
(お取引先等)
発注内容確認のため(通信記録等)
業務の受託に伴い、
お客様からお預かりする個人情報
委託された当該業務を適切に遂行するため

2.共同利用に関する公表事項
当社では、取得した個人情報を共同利用することはありません。

開示対象個人情報に関する事項の周知

当社で保有している開示対象個人情報に関して、ご本人様又はその代理人様からの利用目的の通知、開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止の請求(以下、「開示等の請求」といいます)につきましては、以下の要領にて対応させていただきます。

事業者の名称

株式会社エバーバンク

個人情報の管理責任者

管理者名職名:常務取締役COO 前田 桂尚
所属部署:株式会社エバーバンク
連絡先:電話03-4531-2272

全ての開示対象個人情報の利用目的

※横スクロールで全体を表示します。

分類 利用目的
お客様情報
(ユーザー様等)
ユーザー様サポートのため、ご利用履歴管理のため、
当社サービスのご案内のため、お問い合せ対応のため
電話番号情報等
(氏名・住所・電話番号)
商品紹介のための架電及び第三者への提供
お客様情報
(お取引先等)
発注内容確認のため(通信記録等)
お客様情報
(お取引先等)
発注内容確認のため(通信記録等)
当社従業員情報 社員の人事労務管理、業務管理、健康管理、セキュリティ管理のため
当社への採用応募者情報 採用応募者への連絡と当社の採用業務管理のため
特定個人情報 番号法に定められた利用目的のため

開示対象個人情報の取扱いに関する苦情の申し出先

〒105-0021東京都港区東新橋2-9-1 circles汐留4F
株式会社エバーバンク
個人情報お問い合せ窓口 メールアドレス:info@everbank.co.jp
TEL:03-4531-2272

開示対象個人情報の開示等の求めに応じる手続き

1.当社が取り扱う個人情報の利用目的

2.開示等の求めに関するお手続き

  1. お申し出受付け後、当社からご利用いただく所定の請求書様式を郵送いたします。
    利用目的の通知の場合:「開示対象個人情報利用目的通知請求書」
    開示の場合:「開示対象個人情報開示請求書」
    訂正、追加又は削除の場合、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止の場合:
    「開示対象個人情報訂正等及び利用停止等請求書」
  2. ご記入いただいた請求書、代理人によるお求めの場合は代理人であることを確認する書類、
    手数料分の郵便為替(利用目的の通知並びに開示の請求の場合のみ)を上記個人情報お問い合せ係までご郵送ください。
  3. 上記請求書を受領後、ご本人確認のため、当社に登録していただいている個人情報のうちご本人確認可能な
    2項目程度(例:電話番号と生年月日等)の情報をお問い合せさせていただきます。
  4. 回答は原則としてご本人に対して書面(封書郵送)にておこないます。

3.代理人によるお求めの場合、代理人であることを確認する資料開示等をお求めになる方が代理人様である場合は、代理人であることを証明する資料及び代理人様ご自身を証明する資料を同封してください。
各資料に含まれる本籍地情報は都道府県までとし、それ以降の情報は黒塗り等の処理をしてください。
また各資料は個人番号を含まないものをお送りいただくか、全桁を黒塗り等の処理をしてください。

  1. 代理人であることを証明する資料
    <開示等の求めをすることにつき本人が委任した代理人様の場合>本人の委任状(原本)
    <代理人様が未成年者の法定代理人の場合>いずれかの写し戸籍謄本
    住民票(続柄の記載されたもの)
    その他法定代理権の確認ができる公的書類
    <代理人様が成年被後見人の法定代理人の場合>いずれかの写し後見登記等に関する登記事項証明書
    その他法定代理権の確認ができる公的書類
  2. 代理人様ご自身を証明する資料
    運転免許証
    パスポート
    健康保険の被保険者証
    住民票
    住民基本台帳カード
  3. 利用目的の通知又は開示のお求めについての手数料1回のお求めにつき1000円
    (お送りいただく請求書等に郵便為替を同封していただきます。)

個人データの第三者への提供

(1)当社は、個人情報保護法第23条第2項に基づき、次のとおり個人データを第三者に提供させていただきます。
しかしながら、ご本人様より当該ご本人を識別できる個人データの第三者への提供停止を求められた場合、第三者への提供を停止いたします。

※横スクロールで全体を表示します。

利用目的 個人データの項目 第三者への提供方法
当社はマーケティング支援及びセールスプロモーションの目的で、市場調査やテレマーケティング業務に利用するためにリストを提供する。 氏名・住所・電話番号 電子データ化した個人情報(エクセルファイルやテキストファイル)を、電子メールで提供

(2)個人データの第三者提供の停止のご請求は、郵送、メール又はFAXにより受付いたします。

(3)ご請求のご本人又は代理人であることを確認する方法
ご本人になりすました第三者への個人情報の漏洩や不正な改竄を防止するため、ご本人宅へのご連絡その他の方法により、ご本人又は代理人であることを確認させていただきます。

保有個人データの開示、訂正等、利用停止等のご請求

(1)個人情報保護法第27条から第30条に基づき、ご本人様より、当該ご本人が識別される保有個人データについて、次のa.からd.までのご請求を受けた場合、当社は法令の規定に従って必要な対応をいたします。

  1. 保有個人データの利用目的の通知(第27条)
  2. 保有個人データの開示(第28条)
  3. 保有個人データの内容の訂正、追加又は削除(第29条)
  4. 保有個人データの利用停止等(第30条)

なお、次のような場合には、法令等の定めに基づき、開示をお断りさせて頂く場合があります。
・本人又は第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
・当社の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合・他の法令等に違反することとなる場合

(2)保有個人データの開示、訂正等、利用停止等のご請求は、別途特別の手続きが定められている場合を除き、郵送、メール又はFAXにより受付いたします。

(3)保有個人データの各種請求におけるご本人又は代理人であることを確認する方法

  1. ご本人になりすました第三者への個人情報の漏洩を防止するため、保有個人データの開示のご請求については、下記(ア)及び(イ)の計2点の書類をご提出ください。 当該書類をご提示頂けない場合は、本人限定受取郵便にてご回答をお送りします。
    (ア)次の中から、いずれか1点(コピー)運転免許証、パスポート、各種健康保険証、年金手帳等の公的機関が発行した証明書類の写し
    (※住所・氏名・生年月日が記載された有効期限内又は現在有効なものに限ります。)
    (イ)住民票原本の写し(※発行後3ヶ月以内のマイナンバーを含まないもの)
  2. 上記a.の保有個人データ開示請求以外の、訂正等、利用停止等のご請求においても、ご 本人になりすました第三者による不正な改鼠等の防止のため、ご本人宅へのご連絡その他の方法により、ご本人であることを確認させていただきます。

(4)代理人による開示等の請求方法
保有個人データに関する開示、訂正等、利用停止等のご請求について、ご本人が代理人に委任する場合は、下記の書類をお送りください。当該書類をご送付頂けない場合には、本人限定受取郵便にてご回答をお送りします

各請求書の送付先

〒105-0021東京都港区東新橋2-9-1 circles汐留4F
株式会社エバーバンク
個人情報お問い合せ窓口 メールアドレス:info@everbank.co.jp
TEL:03-4531-2272(受付時間 10:00~18:00※)

必須個人情報保護方針へ同意する