クラウド型のオートコールシステムで電話対応を⾃動化しビジネスを加速させよう

クラウド型のオートコールシステムで電話対応を⾃動化しビジネスを加速させよう
簡単操作で架電数UP!コストDOWN!
電話対応にかける⼈件費約50%減 / 初期費用・違約金 0円 / 導入まで最短3日 コールシステムによる⽣産性UP No.1 / サポート充実 No.1 ※⽇本マーケティングリサーチ機構調べ ※調査概要:2019年6⽉期ブランドのイメージ調査

電話対応お悩み

1つでも当てはまったらご検討ください

  • 通話料30万円以上かかっている
  • 短時間⼤量の架電難しい
  • オペレーター離職率が⾼い
  • ⼈⼿⾜りていない
  • 体制作りオペレーター管理に⼿間かかる
  • オペレータースキルに差ある
  • 繁忙期などによって必要⼈員に波ある
Ever Automation

Ever Automation
できること

Ever Automationとは、
「テキストで記載した文章」または、
「事前に吹き込んだ肉声や音声」を、
設定された性別や声質にて⾃動で読み上げる
オートコールシステムです。

  • 01

    大幅
    コスト削減

    人的リソースが不要なので、
    電話周りの業務における人員の
    配置転換を行えます。

  • 02

    出勤困難
    時間帯カバー

    早朝や夜間、土日祝日など関係なく、
    全自動で電話業務を行える為、
    時間外出勤の必要性が無くなります。

  • 03

    正確な集計
    可能

    自動化することで、決められた
    期日内に目標とする架電数等を
    確実に実施できます。

  • 04

    短時間での断続的
    集中架電可能

    1日で数万件単位迄の自動架電が
    可能なので、断続的な業務や
    緊急性の高い業務にも利用できます。

オートコールシステム⼤幅コスト削減

電話でのお問い合わせ 03-6387-6069 03-6387-6069 (受付時間 9:00〜18:00)

オートコールシステム活用シーン

催促・督促

催促・督促

⽀払遅延、延滞⾦発⽣などのお客様に対し、
督促を促す業務を全て
オートメーション化します。
⼤幅な運⽤改善とコスト削減が⾒込め、
⼤きな問題解決に結びつきます。

マーケティング・調査

マーケティング・調査

市場調査にはオートコールシステムが
最適です。
⼤量発信で得た顧客情報やマーケットニーズが
そのまま企業の財産となり、
有効に活用いただくことが可能となります。

リマインド・確認

リマインド・確認

顧客へのリマインドコールを
オートメーション化することで、
あらゆる⽣産性を上げることが可能です。

コンディション管理

コンディション管理

顧客の不満や要望などの調査を
オートメーション化し、
顧客の満足度を数値化することで、
サービスや顧客対応の品質の向上に
活用いただくことが可能となります。

さまざまシーン
オートコールシステム
採用されています。

オートコールシステム⼤幅コスト削減

電話でのお問い合わせ 03-6387-6069 03-6387-6069 (受付時間 9:00〜18:00)

Ever Automation
導⼊事例

政治関係

  • 支援依頼
    コール
  • 情勢調査
  • アンケート
    調査

スクリプトイメージ

○○地区を中心に政治に関するアンケートを行っております。ご協力いただける方は①を押してください。次の中から支持している候補者を選んでください。①は…②は…

金融機関

  • 督促連絡
  • DM
    開封確認
  • 書類返送
    依頼

スクリプトイメージ

いつもお世話になっております。○○銀行です。この度○○に関するご案内物をお送りさせていただき、到着確認のご連絡を差し上げました。ご確認済みの方は①を…

その他流通業

  • 休眠顧客
    掘り起し
  • 満足度調査
  • 新サービス
    案内

スクリプトイメージ

いつも○○をご利用いただきありがとうございます。本日は、只今に関する○○お客様の満足度調査を実施しており、ご協力いただけるお客様は①を…

オートコールシステム⼤幅コスト削減

電話でのお問い合わせ 03-6387-6069 03-6387-6069 (受付時間 9:00〜18:00)

Ever Automation
選ばれる理由

業界最安値

業界最安値

電話回線のインフラから
サービス運営の全てを内製化している為、
安価でのサービス提供が可能。

SMS連動

SMS連動

音声だけでは伝えきれない内容等は、
SMSと連動することで、
文章にてお客様へ案内ができる。

API連携可能

API連携可能

基幹システムや予約システム、
CRMなどにAPI連携することで、
より電話まわりの業務を自動化できる。

フレキシブルに変更可能

フレキシブルに
変更可能

電話番号の発電や、
電話回線数(チャネル数)の変更も
全て3営業日で適用できる。

リダイヤル機能の充実

リダイヤル機能の充実

電話がつながらないケースなどは、
設定画面より細かな
リダイヤル架電まで自動化できる。

その他・強み・機能

その他・強み・機能

留守電切断機能
発信予約
変電対応(音声案内・転送・発信専用)

オートコールシステム⼤幅コスト削減

電話でのお問い合わせ 03-6387-6069 03-6387-6069 (受付時間 9:00〜18:00)

料⾦・プラン

初期費用
今なら0
解約⾦
0
プラン(固定・携帯)
80,000〜/月

※チャネル数10の場合

項目 課金 価格
(固定)
価格
(携帯)
通話料金 円/分〜3分 ¥8.0/3分 ¥15/3分
電話番号・
0ABJ
円/番号 ¥500
電話番号・
フリーダイヤル
円/番号 ¥1,500
読み上げ機能 円/
リクエスト
¥2.0

まずお気軽にご相談ください

オートコールシステム⼤幅コスト削減

電話でのお問い合わせ 03-6387-6069 03-6387-6069 (受付時間 9:00〜18:00)

導入まで
4つステップ

STEP01
お問い合わせ

お問い合わせ

当ページの お問い合わせフォーム
または、電話にて
お問い合わせください。

STEP02
プランのご提案

プランのご提案

お客様の環境や状況に
合わせて最適なプランを
ご提案いたします。

STEP03
お申し込み

お申し込み

ご納得いただけましたら
お申し込みいただき、
導入の準備を進めてまいります。

STEP04
導入

導 入

お申し込みから最短3営業日
導入が可能です。導入した
その日からご利用いただけます。

規模業種問わず、
初めて導入する会社様でも
安心して導入できるよう
万全サポート体制
準備しております。

オートコールシステム⼤幅コスト削減

電話でのお問い合わせ 03-6387-6069 03-6387-6069 (受付時間 9:00〜18:00)

よくあるご質問

対象となる電話番号が留守の場合でも、録⾳制限時間まで通話料が発⽣しますか︖
留守の場合は課⾦対象にはなりませんが、留守番電話の場合は課⾦対象となります。
しかし、20秒間何もアクションがない場合は、⾃動切断機能がついておりますので、最⼤20秒間の通話となります。
架電時にお客様が不在で、折り返しが来た場合どうなりますか︖
折り返し電話があった場合は、架電時同等の⾳声を流すか、
転送設定をして決められたオペレーターへ繋げるか、電話中に設定する3つの⽅法が存在します。
本⼈認証機能はどのような情報で認証しますか︖
数字であれば、どのようなデータでも本⼈認証にして頂くことも可能です。
例として⽣年⽉⽇や電話番号、なんらかのユニーク番号でも可能です。
本サービスの利⽤場所は問わないですか︖その場合のセキュリティーはどうなっていますか︖
クラウドサービスなので、利⽤場所は問いません。会社、ご⾃宅関係なく利⽤可能です。
セキュリティーとして特定の固定IPアドレスを設定することが可能です。
1⽇最⼤何件まで発信できますか︖
契約プランによりますが、1回線(1チャネル)あたり、
1時間で40件前後の架電が可能です。
API連携する場合はどのような⼿順になりますか︖
お問い合わせくださいませ。
発信番号は今利⽤中の番号でも可能ですか︖また発信番号は選択可能ですか︖
お客様の利⽤している電話番号も利⽤可能ですが、お客様の利⽤環境によりますので、詳しくはお問い合わせください。
また、発信番号は、0120/0800/050など豊富な電話番号の中からご選択いただけます。

オートコールシステム⼤幅コスト削減

電話でのお問い合わせ 03-6387-6069 03-6387-6069 (受付時間 9:00〜18:00)

お問い合わせ

会社名
担当者名
メール
アドレス
電話番号
お問い合わせ
内容

個⼈情報の取扱いについて

1.当社が取り扱う個人情報の利用目的

  1. ご本人から直接書面によって取得する個人情報(ホームページや電子メール等によるものを含む)の利用目的取得に先立ち、ご本人に対し書面により明示します。
  2. 前項以外の方法によって取得する個人情報の利用目的
分類 利用目的
お客様情報
(ユーザー様等)
当社サービスのご案内のため、ご利用履歴管理のため、
お問い合せ対応のため
採用媒体等から取得する
応募者情報
採用選考のため
通話録音 顧客との会話内容を正確に保管するため
電話番号情報等
(氏名・住所・電話番号)
商品紹介のための架電及び第三者への提供
お客様情報
(お取引先等)
発注内容確認のため(通信記録等)
業務の受託に伴い、
お客様からお預かりする個人情報
委託された当該業務を適切に遂行するため

2.共同利用に関する公表事項
当社では、取得した個人情報を共同利用することはありません。

開示対象個人情報に関する事項の周知

当社で保有している開示対象個人情報に関して、ご本人様又はその代理人様からの利用目的の通知、開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止の請求(以下、「開示等の請求」といいます)につきましては、以下の要領にて対応させていただきます。

事業者の名称

株式会社エバーバンク

個人情報の管理責任者

管理者名職名:常務取締役COO 前田 桂尚
所属部署:株式会社エバーバンク
連絡先:電話03-4531-2272

全ての開示対象個人情報の利用目的
分類 利用目的
お客様情報
(ユーザー様等)
ユーザー様サポートのため、ご利用履歴管理のため、
当社サービスのご案内のため、お問い合せ対応のため
電話番号情報等
(氏名・住所・電話番号)
商品紹介のための架電及び第三者への提供
お客様情報
(お取引先等)
発注内容確認のため(通信記録等)
お客様情報
(お取引先等)
発注内容確認のため(通信記録等)
当社従業員情報 社員の人事労務管理、業務管理、健康管理、セキュリティ管理のため
当社への採用応募者情報 採用応募者への連絡と当社の採用業務管理のため
特定個人情報 番号法に定められた利用目的のため

開示対象個人情報の取扱いに関する苦情の申し出先

〒105-0021東京都港区東新橋2-9-1 circles汐留4F
株式会社エバーバンク
個人情報お問い合せ窓口 メールアドレス:info@everbank.co.jp
TEL: 03-4531-2272

開示対象個人情報の開示等の求めに応じる手続き

1.当社が取り扱う個人情報の利用目的

2.開示等の求めに関するお手続き

  1. お申し出受付け後、当社からご利用いただく所定の請求書様式を郵送いたします。
    利用目的の通知の場合:「開示対象個人情報利用目的通知請求書」
    開示の場合:「開示対象個人情報開示請求書」
    訂正、追加又は削除の場合、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止の場合:
    「開示対象個人情報訂正等及び利用停止等請求書」
  2. ご記入いただいた請求書、代理人によるお求めの場合は代理人であることを確認する書類、
    手数料分の郵便為替(利用目的の通知並びに開示の請求の場合のみ)を上記個人情報お問い合せ係までご郵送ください。
  3. 上記請求書を受領後、ご本人確認のため、当社に登録していただいている個人情報のうちご本人確認可能な
    2項目程度(例:電話番号と生年月日等)の情報をお問い合せさせていただきます。
  4. 回答は原則としてご本人に対して書面(封書郵送)にておこないます。

3.代理人によるお求めの場合、代理人であることを確認する資料開示等をお求めになる方が代理人様である場合は、代理人であることを証明する資料及び代理人様ご自身を証明する資料を同封してください。
各資料に含まれる本籍地情報は都道府県までとし、それ以降の情報は黒塗り等の処理をしてください。
また各資料は個人番号を含まないものをお送りいただくか、全桁を黒塗り等の処理をしてください。

  1. 代理人であることを証明する資料
    <開示等の求めをすることにつき本人が委任した代理人様の場合>本人の委任状(原本)
    <代理人様が未成年者の法定代理人の場合>いずれかの写し戸籍謄本
    住民票(続柄の記載されたもの)
    その他法定代理権の確認ができる公的書類
    <代理人様が成年被後見人の法定代理人の場合>いずれかの写し後見登記等に関する登記事項証明書
    その他法定代理権の確認ができる公的書類
  2. 代理人様ご自身を証明する資料
    運転免許証
    パスポート
    健康保険の被保険者証
    住民票
    住民基本台帳カード
  3. 利用目的の通知又は開示のお求めについての手数料1回のお求めにつき1000円
    (お送りいただく請求書等に郵便為替を同封していただきます。)

個人データの第三者への提供

(1)当社は、個人情報保護法第23条第2項に基づき、次のとおり個人データを第三者に提供させていただきます。
しかしながら、ご本人様より当該ご本人を識別できる個人データの第三者への提供停止を求められた場合、第三者への提供を停止いたします。

利用目的 個人データの項目 第三者への提供方法
当社はマーケティング支援及びセールスプロモーションの目的で、市場調査やテレマーケティング業務に利用するためにリストを提供する。 氏名・住所・電話番号 電子データ化した個人情報(エクセルファイルやテキストファイル)を、電子メールで提供

(2)個人データの第三者提供の停止のご請求は、郵送、メール又はFAXにより受付いたします。

(3)ご請求のご本人又は代理人であることを確認する方法
ご本人になりすました第三者への個人情報の漏洩や不正な改竄を防止するため、ご本人宅へのご連絡その他の方法により、ご本人又は代理人であることを確認させていただきます。

保有個人データの開示、訂正等、利用停止等のご請求

(1)個人情報保護法第27条から第30条に基づき、ご本人様より、当該ご本人が識別される保有個人データについて、次のa.からd.までのご請求を受けた場合、当社は法令の規定に従って必要な対応をいたします。

  1. 保有個人データの利用目的の通知(第27条)
  2. 保有個人データの開示(第28条)
  3. 保有個人データの内容の訂正、追加又は削除(第29条)
  4. 保有個人データの利用停止等(第30条)

なお、次のような場合には、法令等の定めに基づき、開示をお断りさせて頂く場合があります。
・本人又は第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
・当社の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合・他の法令等に違反することとなる場合

(2)保有個人データの開示、訂正等、利用停止等のご請求は、別途特別の手続きが定められている場合を除き、郵送、メール又はFAXにより受付いたします。

(3)保有個人データの各種請求におけるご本人又は代理人であることを確認する方法

  1. ご本人になりすました第三者への個人情報の漏洩を防止するため、保有個人データの開示のご請求については、下記(ア)及び(イ)の計2点の書類をご提出ください。 当該書類をご提示頂けない場合は、本人限定受取郵便にてご回答をお送りします。
    (ア)次の中から、いずれか1点(コピー)運転免許証、パスポート、各種健康保険証、年金手帳等の公的機関が発行した証明書類の写し
    (※住所・氏名・生年月日が記載された有効期限内又は現在有効なものに限ります。)
    (イ)住民票原本の写し(※発行後3ヶ月以内のマイナンバーを含まないもの)
  2. 上記a.の保有個人データ開示請求以外の、訂正等、利用停止等のご請求においても、ご 本人になりすました第三者による不正な改鼠等の防止のため、ご本人宅へのご連絡その他の方法により、ご本人であることを確認させていただきます。

(4)代理人による開示等の請求方法
保有個人データに関する開示、訂正等、利用停止等のご請求について、ご本人が代理人に委任する場合は、下記の書類をお送りください。当該書類をご送付頂けない場合には、本人限定受取郵便にてご回答をお送りします

各請求書の送付先

〒105-0021東京都港区東新橋2-9-1 circles汐留4F
株式会社エバーバンク
個人情報お問い合せ窓口 メールアドレス:info@everbank.co.jp
TEL:03-4531-2272(受付時間 10:00~18:00※)